原価0円の落ち葉広告【素材を活かす】

落ち葉広告

どうも。クリエイティブ部 小島和人ハモニズムです。

 

美術作家としての活動の中で、現代アートの世界では、しばしば「ゴミを再利用」や「エコ」等の「原価が0円」である事が評価に繋がったりします。

美術のイベントは予算があまり無かったり、作品の費用が自前であったりと、大きな作品をいかに費用をかけずに作るか。という問題と常に戦っている。

 

つまり、「価値のない物を、価値をある物に変える」戦いです。

 

今回はそんな現代アートの考え方を活かし、原価0円の素材を使った「素材を最大限に活かした広告・プロモーション」です。

 

「素材を最大限に活かした看板」その4

 

原価0で手に入る素材

「タダの物!」「金かからんもの!」とか考えていると、中々希望する素材にはたどり着けなかったりします。

 

そういう時には、何も考えないで下さい。

そのまま外出して散歩したり、カフェでくつろいだり、色んなお店を見たり、関係ない事をしてみて下さい。

そうすると、ふとした時に「コレいけるんじゃね?」みたいな物に遭遇します。

 

 

そして11月末現在、街に溢れている素材があります。

道路を埋め尽くす黄色、山道を埋め尽くす赤い色

 

 

 

そう、落ち葉です。

 

落ち葉を使えば無料・タダ。原価0円です

では落ち葉を使った広告を企画してみようと思います。

 

■形自体がすでに可愛い落ち葉

 

落ち葉。

特に秋の落ち葉は形が特徴的で、何もしなくても可愛いですね。

 

 

 

 

 

今回はこの可愛い落ち葉に穴をあけてみます

※イメージ

 

 

■型抜きしてみた

仮に、架空のブランドのロゴを作成しました。

■設定

名称/ショパン

国/ベルギー(1978年設立)

主な商品/高級ビターチョコレート(チョコ一個当たり平均450円)

ターゲット/とにかくセレブ

 

植物が豊富な大通り沿いの路面店の設定です。

 

 

ではさっそく落ち葉に「ショパンロゴ」の穴をあけてみます。

※イメージ

 

うん、まずまずの見た目ではないかと思います。

 

 

■敷き詰めてみた

 

あんまり敷き詰まりすぎると気持ち悪いと思いますが、良いんじゃないでしょうか?

 

 

■ゲリラで行い、ビックリさせる

これのポイントは、穴を開けた落ち葉を見える場所に意図的に置くよりも、店の前等にさりげなくバラまいておくなどすると、見つけた際のビックリが倍増して良いのでは無いかと思います。

インスタグラム等のSNSでも拡散されやすく、プロモーション効果が高いのでは無いかと思います。

 

 

 

 

如何でしょうか。

皆さんも身近な素材を使って看板・広告を作ってみましょう。

 

 

 

あ〜面白い広告作りたい。

クリエイティブ部  小島 和人 ハモニズム

 

■関連記事

【素材を活かす】磯の香り、するめ看板【看板】

 

【素材を活かす看板】カップアイス用スプーン【木のやつ】

 

【門松コーン】カラーコーン広告知ってますか?

 

 

「落ち葉看板」「落ち葉広告」はアドニックまで。

保存

保存

保存


バズる看板製作はアドニックにお任せ

素晴らしい空間・商品なのにお客さんが来ない。集客出来ない。。
宝の持ち腐れをしていませんか??

人の目に触れさせるにはコツが必要です。

心をつかむバズる看板製作はアドニックにお任せ
http://www.adnic.co.jp/

まずは実績をご覧下さい

コメントを残す

*