【素材を活かす】蚊取り線香【看板】

鳴く事をやめた蝉。花火の燃えクズ。球児達の汗をたっぷり吸い込んだ甲子園の砂
夏の終わりは、どこか物悲しいものです。

 

今回はそんな「夏の終わりの空気」を表現した看板を考えます。

夏嫌いやけど。

 

「素材を最大限に活かした看板」その3

 

■楽しいからこそ、後に残る物悲しさ

 

 

花火、海、プール、夏祭り、夏フェス。

不快な要素であるはずの「暑さ」を逆手に取って熱狂する「熱さ」に変換する事で、季節を体感しながら元気に楽しむイベントは夏の特徴である。

しかし、インパクトのある楽しさだからこそ、夏の終わりには燃え尽きるかの様な物悲しさが産まれる。

 

金魚すくい

 

 

僕は夏が嫌いだが、皆が秋に向けての「侘しさ」のようなものは感じ取ることができる。

それほどに「夏の終わり」というものは一年の中でも特別な感情がにじみ出る時期なのだ。

 

 

今回の【素材を最大限に活かした看板】では、その「夏の終わりの物悲しさ」を表現しようと思う。

 

 

■散り行く儚さ

終わった後の虚無感とはなんなのか。

我々必死に考えました。

 

 

終わりの儚さ=散り行く儚さ

 

 

それを表現できる物は二つ。

 

「線香花火」

「蚊取り線香」

 

どちらも「線香」という名前がつく。

 

線香花火は名称であって線香ではないが、蚊取り線香は蚊の多い夏だけに嗅ぐ香り。8月のお盆には高い確率で杉線香の香りを嗅ぐ事になる。

 

「線香」は夏に関連づけやすいのである。

 

 

 

 

 

とりわけ「蚊取り線香」に関しては、それなりの硬度と靭性を兼ね備えている事から、以下の様なアート作品も産み出されてる。

 

photo by 月刊駄美術図鑑

最近、寝る前に蚊取り線香を折って火を消してから寝ようとした際、固くて折れず
「こんなに固かったっけ!?」と驚き、ハサミで切る。と言う事があった。
 
昔は手で簡単に折れていたはずだが、恐らく開発を重ね、安全面を考慮して硬度と靭性を高めているのだろう。
 
 
 
素材には向いている。いける。
 
 
 
どんな形にしようか。
 
 
 
うーん。
 
 
 
できた。

 

蚊取り線香看板。

架空の店名は「NATSU NO OWARI」

です。

 

 

蚊と言うのは不思議な能力を持つ生き物で、戸締まりをしていても室内に入り込む。

それほどのスピードで飛んでいないにも関わらず。だ。

 

しかし、やはり隙を見て扉や窓から入る事が多いのだろう。

 

が、この「蚊取り線香看板」は店の軒先に取り付ける事により、出入り口からの蚊の侵入を許さない。

 

 

 

「NO mosquito.」

 

 

 

しかし、頑丈なコンクリートに取り付けられた鋼鉄の看板の様に「永遠」の物ではなく、

「蚊取り線香看板」には「時間」の概念が強く影響する。

 

 

 

深みのある味わい深い緑の「それ」は、やがて「灰」となりアスファルトの上に粉となって落ち、風に乗って消える。

 

 

 

 

時間がさらに影響を及ぼした時、

取り付ける為の鉄の部材と、蚊が嫌がるのであろう線香の香りだけを当たりに残し、「蚊取り線香看板」は姿を消す

 

蚊取り線香看板が燃え尽きたら、その日の営業は終了。なんてのもカッコいいかもしれない。

 

 

 

そう。夏の終わりは いつも儚い。

 

 

 

 

 

 

 

夏嫌いやけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか切なくなって「蚊取り線香看板」が欲しくなった方はアドニックへご連絡下さい。

クリエイティブ部  小島 和人 ハモニズム

■関連記事

原価0円の落ち葉広告【素材を活かす】

 

【素材を活かす】磯の香り、するめ看板【看板】

 

【素材を活かす看板】カップアイス用スプーン【木のやつ】

 

【門松コーン】カラーコーン広告知ってますか?

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存


バズる看板製作はアドニックにお任せ

素晴らしい空間・商品なのにお客さんが来ない。集客出来ない。。
宝の持ち腐れをしていませんか??

人の目に触れさせるにはコツが必要です。

心をつかむバズる看板製作はアドニックにお任せ
http://www.adnic.co.jp/

まずは実績をご覧下さい

コメントを残す

*