アート散歩

連休中に神戸に行く予定があり、たまたま通った北野坂

 

インフィオラータこうべという神戸の春を彩るイベントをしていました。

インフィオラータはイタリア語で「花を敷き詰める」という意味だそうです。

震災犠牲者の鎮魂と傷ついた人々の心を癒すために、まちを花で美しく彩りたいという思いの象徴として、イタリア、ローマのインフィオラータにヒントを得て、1997年から毎年行われているようです。

 

美術館で観るアートとはちがい、不意に観るアートは生命力のような力の感じるものでした。

 

子どもたちの才能も爆発していました。

 

「考えるな感じろ」が脳裏によぎる昼下がりの休日となりました。

 

エレクトロでした。


コメントを残す

*