「看板」の英語は「サイン」

hamo_sign

「なんのデザインしてるんですか?」

僕「サイン&ディスプレイです」

相手「なんですかそれ」

僕「看板作ったり装飾とかしてる会社です。」

 

僕らが自社の説明をする時に「サイン」というのが何か伝わらなくて、よくなるシチュエーション。

伝わらないサイン&ディスプレイ

最初から「看板屋」と言ってしまえば話が早いんですが、「サイン&ディスプレイ」という言葉と分野を覚えて貰いたくて敢えて言っている節はあります。 が、しかし。同業者以外に「サイン&ディスプレイ」で伝わった事は一度もありません。単純に「サイン」と聞くとペンで書く署名をイメージしてしまいますよね。

 

「看板」を翻訳すると下の3つが出てきます。

sign(サイン)/符号, 記号, 標識, 兆候, 徴候, 看板
signboard(サインボード)/看板, 表看板,
billboard(ビルボード)/看板, 広告塔, 広告板,

そのまんま、看板は英語で「サイン」なんです。

 

細かく言い分けるとすれば

・ビルの上に掲げる様な巨大な物はビルボード
・目線位にある大きめの物はサインボード
・小さな物はサイン
・これに加えて最近では「デジタルサイネージ」の流行で「サイネージ」等も。
このように呼び方はたくさんありますが、看板業界では総称して「サイン」と言っていたりします。

 

看板を意味する「サイン」と空間装飾を意味する「ディスプレイ」を組み合わせて「サイン&ディスプレイ」です。

是非、覚えておいて下さい。

 

■この他のまめ知識系記事

サンチュVSチシャ菜【境界線はどこなのか】

 

【日本と】斜めにカットされた建物の秘密【イギリス】


話題になる空間デザイン製作のアドニック

集客にはインパクトのあるデザインとコンセプト、そして話題性を得る為の先進性が必要です。
どれかが欠けても宝の持ち腐れ。精魂込めて作り上げた空間にはしっかりと人を呼び込みましょう。

「人」がこなければ何も始まりません。


・ブランド立ち上げ(コンセプト・VIデザイン・PR戦略)
・新商品プロモーション(ネーミング・パッケージデザイン・PR戦略)
・その他プロデュース・ディレクション(人物プロモーション・ブランドプロモーション)


前衛クリエイターによる斬新なPR戦略を兼ねた空間デザインはアドニックへ。
http://www.adnic.co.jp/

まずは実績をご覧下さい

コメントを残す

*